今日も患者さんからインフルエンザのワクチンを打った方が良いか相談されました。

毎年ありますけど、今年は特に多いです。

ワクチンの注目度が上がっているということでしょうね。

奴らの思うツボです。

でも相談される方のほとんどは「打ちたくない」から相談して来られます。

打ちたくないけど、周囲から打った方が良いと勧められて、もし自分が罹たら周りに迷惑をかけるかもしれないと悩んでいる。

そういう方です。

そして、私の答えは決まっています。

ワクチンは効かないので打つ必要はありません。

以上。

近年、インフルエンザワクチンを接種される方がどんどん増えているらしく、最近は5000万人もの国民がワクチンを接種しているそうです。

ようするに国民の半数近くがワクチンを打っているわけです。

もし、そのワクチンで本当に抗体が出来ているのだとしたら、その数だけで日本は集団免疫が成立しますので、インフルエンザが大流行することなどあり得ません。

しかし、毎年患者が1000万人以上、関連死を含む死亡者が1万人以上出てしまうのが現実です。

その結果を見れば、ワクチンに効果がないということは明らか。

事実を事実として受け止めれば、答えは簡単に出るはずです。

新型コロナのワクチンに関しても同じ。

インフルと同じRNAウイルスに効果のあるワクチンが作れるはずがない。

そんな効果のないワクチンを強制接種させようという動きもみられます。

歯科医師で医学博士でもある吉野先生が、そんなワクチンの闇について解説していますのでぜひご覧ください☟

私も吉野先生と同意見です。

日本政府としては、今のところコロナワクチンを義務接種にする気はなさそうに見えます。

が、WHOないし国連が強制接種を訴えてきたら、世界がその方向に進むことになり、日本は抗うチカラを持ってはいません。

だからこそのアメリカ。いや、トランプ大統領です。

あの人が選挙で勝てば、WHOに好き勝手させません。

しかしバイデンが勝ってしまうと世界は…。

自分たちのことなのに、自分では何も出来ないもどかしさ。。。

今は見守るしかありません。

私に出来ることは、正しい情報を提供すること。

とにかくワクチンは効きません。

それだけはご理解いただけると幸いです。

ご家族、友人など、大切な人たちにも伝えて下さいね。

頑張りましょう!!