以前にも書きましたが、東京都議会最大会派の都民ファーストの会が新型コロナ感染対策の強化案として罰則付きの条例を作ろうとしています。

条例案の内容は…

・陽性者が外出制限に従わず、他人に感染させた場合に過料を科す。

・「感染を疑うに足りる正当な理由のある人」に対し、都が独自にウイルス検査を命じ、命令を正当な理由なく拒否した場合も過料を科す。

・知事の休業・時短要請に従わず、感染を一定以上の人数に広げた事業者を行政罰の対象とする。

と、いうものです。

あり得ない!!

他人に感染させたっことをどうやって証明するのか!?

PCR検査はもちろん、どんな検査を用いても、どこで、誰から感染したかなどわかるはずもない。

立証できないのです。

何の証拠もなく罰を与えるなど、あってはならないことです。

そもそも、インフルエンザよりも毒性の弱いウイルス感染症に、何故そのような自由を束縛する条例が必要なのか?

こんな科学的根拠のない「感情」だけで作られる条例などあってはならない。

私はそう思います。

都民ファーストの会は、この条例案についての意見を広く求めるページを開設しています☟

東京都新型コロナウイルス感染症対策強化に関する特別措置条例(案)に対する意見募集

上記のページでこの条例案に対する意見をぶつけられますので、心ある方はぜひ投稿して頂きたいと思います。

私のような都民以外の意見も受け付けているようです。

星マークて「全国初!!」とかアピールしているのが超腹立ちますね!!怒

しかし、ページ内で説明されているこの条例を定める必要がるとする理由がホントに短絡的です。

「PCR検査を断られるから」って、当たり前でしょう!!

病気じゃないのに病人に仕立て上げられる検査だって多くの人が知っているのですから、素直に受けるはずがない。

Stop the PCR!!なんですよ。

「ウイルスをばらまいてやる」って言った人の店で陽性者が出たというけど、陽性になった方は接客していない違う席に座っていた人です。

ばらまいてやるおじさんから感染したという証拠は何もないし、そもそも二人ともホントに新型コロナに感染していたのかもわからないですよね。

休業要請に従わない店がクラスターを発生しても罰則がないから強制力がないって、その店でクラスターが発生したという証明はどうやっても出来ないでしょう。

それに休業や時短をすれば感染が拡大しないという根拠もないし、まともな補償もないのに休業しろと言う方がおかしい!!

とにかく「自分たちの言うことを聞かないやつには罰を与える!」という脅しに他なりません。

脅迫です。

そんな横暴な都政を都民は望んでいるのですか?

「新型コロナは怖い」という嘘をばら撒いて「命を守るため」という甘い言葉で人心を惑わし支持を得ようとする姑息な手段。

今まさにアメリカでバイデンの民主党が行っている手法とまったく同じです。

都民の皆さん!あなた方の選んだ都知事が完全に暴君となっています!!

止めて下さい!!

悪法を許さないで下さい!!

下に都議会議員名簿も載せておきますので、直接反対を訴えて頂くのも効果的かと思います☟

都議会議員名簿

この条例が制定されれば、全国に波及してしまう可能性が非常に高いです。

都民じゃない我々も他人事ではないですよ!!

みんなで力を合わせて頑張りましょう!!

宜しくお願い致します!!