アメリカのトランプ大統領が新型コロナのPCR検査で陽性が出てしまったようです。

お気の毒に。。。

無症状のようなので、たまたま暴露したウイルスが検査に引っかかっただけで、実際に感染はしていないのでしょう。

これで元気な姿を毎日ツイートして、2週間後に復帰したら「コロナは大したことない!」「70代でも重症化しない!」と公言してほしいですね。

そして大統領選挙の終盤戦を頑張ってほしいと思います。

コロナ騒動が今後どうなっていくかは、アメリカ大統領選挙次第ですからね。

日本人の多くは気付いていないと思いますけど、コロナ騒動はアメリカ大統領選挙に大きく関わっています。

てゆうか、私は大統領選挙でトランプを倒すために仕組まれたものだと確信しています。

そういったコロナと政界情勢について、科学者の武田邦彦氏がざっくり語っているので、良ければお聴きください☟

とまぁ、概ねこんな感じです。

一部の支配層が世界全体を統一支配するためにWHOを使ってコロナ騒動を引き起こしたのだろうと。

しかし武田氏は「アメリカ」と大きな括りで黒幕の国として話していましたが、そこは私と見解が違います。

先ほど書いたように、このコロナ騒動はトランプを大統領の座から引きずり下ろすために仕組まれた罠です。

トランプ自身がこの騒動を仕組み、WHOと茶番を演じているのであれば、選挙で自分が不利になるような対応はしないでしょう。

初動が悪かったからアメリカは大きな被害を受けたってトランプは叩かれているのですから。

しかも自分も感染者にされちゃうし。

とても仕掛けた側とは思えないでしょう?

ではトランプが不評を買い優位になるのは誰か?

トランプが大統領じゃなくなって喜ぶのはどこの国か?

見えてきませんか?本当の黒幕が。

日本の報道はCNNという反トランプ派が出すニュースを元ネタにしているので、日本人のほとんどは「トランプ=悪人」だと思っていますよね。

実際、トランプの人格は私もよく知りませんが、トランプが大統領になってからアメリカの景気は上向きになり失業率も下がっていたのは事実です。

そして先日のイスラエルとバーレーン、UAEの国交正常化を仲介したという驚くべき快挙。

日本では選挙前のアピールとか皮肉っぽく報じてましたけど、これは本当に素晴らしいことで、まさにノーベル平和賞級の大仕事です。

どのくらい凄いかという話は中東問題を具体的に書かないといけないからキリがないのでやめますが、トランプ大統領は日本人が思っているような「悪人」「悪い大統領」ではないということです。

今回もコロナ騒動を仕掛けてきた勢力と戦っています。

ぜひ選挙で再選を果たして頂き、まずWHOを潰してワクチンを売れなくしてその出資元にもダメージを与え、そして中国を経済的に叩き、コロナ騒動を終息させてほしいと切に願います。