ここ数日、福島県でもPCR検査で陽性となる人が増えてきたと報じられています。

しかし一時期のように数人増えたくらいで「感染拡大が止まりません!」なんて大声で危機を煽る報じ方はしないようです。

福島の人も最近はようやく経済活動に動き出しているので、それを止めたくはないという地元メディアだからこその報じ方かもしれませんね。

全国ネットの方は相変わらずですが。

それでも、郡山市の合唱サークルで起こったという集団感染なるものは、やはり第一報で伝えられています。

報道によると、全員フェイスガードをし、距離を十分に空け、換気のために窓を開けていたそうです。

この暑いのに。

いわゆる「感染予防対策」は徹底されていた。

しかしクラスターが発生してしまった。

さらなる対策強化が求められる。

いやいや!それ以上何をすれば良いのさ!!?笑

何故「対策強化」という答えに帰結するのか?

何故、検査の結果が間違っているのでは?と疑わないのか?

以前からこの日記でもPCR検査の信憑性について言及してきました。

信憑性というか「PCR陽性=感染者」ではないということを何度も書いてきました。

私的に今回のコロナ騒動は「PCR検査」と「マスメディア」によって作られたものだと思っています。

PCR検査が無ければ「変な風邪が流行っているね」程度のものだったはず。

マスメディアが恐怖と不安を煽らず事実だけを報じていれば、日本経済が壊れるような状態にはなっていない。

そのことをだいぶ前から仰っていたのが徳島大学名誉教授の大橋 眞先生です。

大橋先生は、とにかくPCR検査の結果に依存する危険性をPCR検査の特性を示した上で指摘されています。

以下の動画をご覧ください☟

ちょっと難しい話ですが、ようするにPCR検査では新型コロナとされる遺伝子に似た遺伝子を検出するので必ずしもPCR検査だけで新型コロナと特定できるものではない。

そして遺伝子の存在は確認できても、それが病原性のものかは確認できない。

つまり、採取した検体の中に新型コロナ以外のインフルエンザやクラミジア、他のコロナなどの似た遺伝子を持つウイルスがあっても陽性と出る場合もあるし、常在しているウイルスやウイルスの死骸、切れ端など病原性のないものでも陽性が出るということです。

よって郡山市で発生したクラスターとされるものも、全員が本当に感染しているという確証はまったくないということです。

これは今ワイドショーで騒がれている重症者数と死者数が増えているという話にも繋がります。

その方たちが本当に新型コロナに罹患しているのか定かではないからです。

そしてこの重症者・死者数には、もう一つのカラクリがあります。

それは6月18日に全国の各自治体へ「PCR検査の陽性者が死亡した場合、死因に関わらずコロナ死亡者としてカウントせよ」という通達が厚生労働省より出ているのです。

これは噂話ではなく、新聞などでも報じられている周知の事実。

この通達が出た直後、明らかにコロナと関係のない死因の方をコロナ死亡者とカウントしていなかった自治体が通達通りに数を修正したため、コロナ死亡者の数が約20人ほど増えました。

これを朝日新聞などは「死者を隠蔽したいた!」などと批判していました。

いやいや、水増しでしょ!?

そして先日、東京都が重症者について明らかにコロナと関係なく重症化している方は重症者数に含めていないと発表したことを受け、ワイドショーでは「何故国の基準を守らないんだ!」「重症者を少なく見せたいんだろう!」と、なかり強めに批判していました。

いやいや、国の基準がおかしいんでしょ!?

東京以外の自治体では、国の基準、すなわち「コロナに関係ない重症者」もコロナ重症者としてカウントしているそうです。

ワイドショーでは、その「国の基準を守れ!」と再三言っていました。

いつもは政府批判ばかりしているのに。

これが現在の日本の状況です。

嘆かわしい…。

きっと、この日記をお読みの方は、以上の内容はすでにご存じのことばかりだと思います。

ですが、あなたの周りにはまだ「コロナ怖い」と無駄に恐怖し、不安で苦しい日々を送っている方もいるかもしれません。

そういう方が少しでも安心して暮らしていけるように、共に本当の情報を伝えていきましょう。