さぁ、お盆も過ぎ、通常通りの平日が戻ってきました。

戻ってきたと言っても、今年のお盆は別に特別なこともなく通常通りでしたけどね。

通常通りというのはいつもの平日と変わらなかったという意味で、お盆としては異常だったということです。

当院は例年お盆も休まず診療しています。

昨年までですと、いつも定期通院さsれている方々が「出かける」とか「親族が帰省するから」という理由でお休みになり、代わりに「旅行できた」とか「帰省した」という方が来院されたりします。

なので、来院数としては特に変わらないけれど、患者層が通常とだいぶ異なる状態になります。

それが例年のお盆です。

が、今年は先ほど書いたように、いつも通り。

定期通院されている方々が、いつも通り来院される感じで、特別なことはほとんどありまsんでした。

つまり「どこにも行かず、誰も来ない」という、今の日本の状態を表した典型的な例と言えますよね。

それが今年のお盆です。

この状況、経済の打撃は相当なものですよ。

倒産している企業やお店などもかなり増えてきているようです。

失業者数と自殺者数は比例することがわかっています。

政府は免疫学の専門家から得た情報をちゃんと考慮して、今までの対策を抜本的に見直し、国民のことを考えた政策を、国民が納得いく説明をした上で行ってほしいと切に願います。