連日、新型コロナの感染者が増加していると報道され、大規模なPCR検査の実施を求める声が日に日に高まっているのを感じます。

たしかに、無症状でも感染している人がいて感染力も持っているとなると、みんなが安心して社会生活を送るためには全員が検査を受けて陽性者と陰性者を仕分ける必要があるという意見はもっともだと感じています。

ただ、そのPCR検査の精度に問題があるんですよね…。

100%の精度であれば大歓迎なのですが、実際はそうではない。

新型コロナのPCR検査は感度(病人を病人と正しく診断できる確率)が50~70%、特異度(病人でない人を病人でないと正しく診断できる確率)が99.9%程度だと言われています。

つまり、偽陰性(本来陽性なのに陰性と診断される)となる確率が30~50%、偽陽性(本来陰性なのに陽性と診断される)となる確率が0.1%程度出てしまうこととなります。

では、この状態で福島市民全員にPCR検査を行った場合どんな結果が出るのか簡単に計算してみましょう。

まず実際に新型コロナに感染している人が何人いるかがわからないのでそこは予想になってしまうのですが、以前厚労省が行った抗体検査では東京で0.1%と出ていたので、実際福島ではそれより相当少ないでしょうが、今回は多く見積もって0.1%の有病率を採用してみましょう。

人口30万人中、感染者は300人とします。

感度が70%ですので検査の結果陽性と診断されるのは210人。

90人は偽陰性となります。

そして特異度が99.9%ですので、実際の陽性300人を引いた299700人の陰性者中約300人(299.7人)が偽陽性と診断されてしまいます。

よって、30万人中、陽性と診断される人数は210+300=510人、陰性が299490人となります。

なので陽性と診断された510人は入院などで隔離されることになり、残りは社会生活を自由に送ることが出来ます。

ここで問題になるのが偽陰性の90人。

本来は陽性なのに陰性とされてしまっているので、その人達が社会で感染を広めてしまう危険性は否めません。

ですが、この検査をしなければ元々いた300人の感染者が社会にそのままいることになりますので、70%も減らせるのであれば、その分感染拡大も減らすことが出来ます。

そういう意味で大規模検査をすることは有意義だとする意見も、私的には頷けます。

が、私が懸念しているのはその偽陰性ではなく、0.1%の偽陽性です。

先ほどの数字をよく見て下さい。

陽性と出た510人中、本当の陽性が210人、偽陽性が300人。

つまり半数以上が本当は感染していないのにも関わらず陽性とみなされ社会から隔離されてしまうことになるのです。

普通の病気ならば、この程度の特異度は誤差にすぎず、本来は「病気でもないのに学校や仕事が公的に休めてラッキー」程度の話なのでしょうが、新型コロナの場合は話が違います。

昨日も書いたように、新型コロナに感染していると診断された人は、偏見により差別され、誹謗中傷されるなど、社会的な制裁を受けることになります。

隔離期間は2週間程度だと言いますが、そこを出た後も、そういった被害に遭い続けることになるのです。

さらに、その個人だけでなく、勤務先や訪れたお店・施設などにも偏見、差別、誹謗中傷、その後の風評被害など、多大な不利益が生じます。

大規模に検査をすることによって、そういう被害が無駄に大きくなってしまうのです。

それに、感度70%といっても、すべて新型コロナを確実に検出しているかと言えば、そうでもないという専門家の意見も多々あります。

インフルエンザやアデノ、新型以外のコロナなどのウイルスにも陽性が出てしまう場合があるとか。

新型コロナでなくても、それらに感染しているのであれば病人は病人ですので感度としては正しいのかもしれませんが「新型コロナ陽性」と診断されるのと「インフルエンザ陽性」とでは社会的影響がまったく違います。

新型コロナが指定感染症になっている時点で、まったく違うのは当たり前なのですけど。

報道では何故かあまり取り上げられませんが、感染者に対する差別や誹謗中傷は相当酷いことになっているようです。

田舎では特に人数が少ないため、すぐに個人が特定されてしまい、村八分にされて引越しを余儀なくされたり、離婚することになったり、新型コロナのせいで人生を狂わされている人も少なくないようです。

岩手県民などは、まだ感染者が1人も確認されていないということで、自分が最初の感染者になることを相当心配していると聞きます。

すべてはマスメディアが面白可笑しく騒ぎ立て、恐怖と不安を煽り続けることが原因です。

テレビに出ている専門家という人やコメンテーターなどの発言は、社会に大きな影響力があり、その言葉を信じきって鵜呑みにしている方が多くいらっしゃいます。

メディアによる洗脳ともいうべきこの状況は大変危険です。

そういったメディアに煽られた意見を国民の民意と捉えられ、おかしな政策がとられてしまうことが私は本当に恐ろしいです。

さっき書いた大規模検査とか、ワクチン義務化とか、本当に最悪です。

とりあえず、みんなが明るく楽しく生きていける世の中になるよう、自分なりに出来ることを模索するしかありませんね。

頑張りましょう。