由来は、7月7日の七夕に詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があるからというのが定説。

しかし、七夕の行事は奈良時代に中国から伝わったもので、元々日本にはない。

なので、稲の穂が含む月であることから「含み月」「穂含み月」の意であるとする説もあるんだとか。

なるほど~。

色々考えますね。

さてさて、7月です。

梅雨真っただ中。

蒸し暑くなってきましたね。

今年の梅雨は長いのでしょうか?

よくわかりませんが、気温も気候も不安定で体調を崩しやすい状態かと思います。

風邪など引かないよう、十分気を付けましょうね。