今日は風も強く、ちょっと雪も舞ったようで、寒い1日になりましたね。

そんな中、福島駅前には大勢の人だかりが出来ていたようです。

お目当ては「聖火」の展示。

私は仕事で行けませんでした。

報道によると、集まった人たちは感染防止のために隣人と1メートル以上間隔を開けるよう指示されて、さらに写真を撮るのに正面に立てるのは15秒間だけで、そのために行列を作っていたそうです。

せっかくなので私も写真撮りたかったな~なんて思ったりもしましたが、その話を聞いたら「そこまでしなきゃいけないならいいや」って思いました(^^;

それにしても、聖火リレーはホントにあれでいいんでしょうか?

車にランタン入れて巡回するって、何ソレ??って感じ(笑)

沿道に誰もいない状態で、ただ車が走っている様子をテレビで中継するんですか?

それで復興がアピールできると??

オリンピックが延期なら、聖火リレーも延期すればいいのに。

被災地のための復興五輪だとか言って被災地を誘致のダシに使っておいて、結局最後はこんな扱いです。

内堀知事も、そろそろ怒ってもいいと思うんですけどね。

穏やかな方ですよ。ホント。

まったく、どうなることやら。