福島市指定鍼灸院☆「気持ちいい鍼灸治療」をご提供します☆
院長日記「こおり治療院~徒然なるままに~

窓について(基礎21日目 着工39日目)

当院は現在建替え工事中です。

期間は今年いっぱいになります。

工事期間中の診療に関しましてはコチラをご覧ください。

工事全般をお願いしているのは「福島県中央住宅生活協同組合」通称「すまい生協」です。

今は例によってお盆休み。

現場に動きはありません。

16日か17日くらいに始まるとか始まらないとか。

楽しみです☆彡

ちなみに、当院はお盆中も変わらず診療を行っております。

勿論、建替え工事中の診療は、対象となる患者さん限定となりますが…申し訳ありませんm(__)m

現在のところ、予約枠には比較的余裕がございます。

対象となる方はお気軽にお電話頂けると幸いです。

宜しくお願い致します(^^)/

さて、唐突ですが、窓ってすごく難しいですよね(笑)

家を建てる計画を開始してから、ネットで最近の家の画像などをよく見るようになったのですが、どのお宅もおしゃれ~な窓をふんだんに使っています。

それに引き換え我が家は、ごく普通の引き違い窓を多く採用しました。

飾りや気密性より「実用性」を重視した選択です。

私的に窓の役割は、通風、換気、採光かと思っています。

特に風通しが良い方がいいと考えているので、大きめの窓を各部屋2ヶ所は付けるようにしました。

ただ、最近の家は気密性を重視しているので、窓を開けて風を通すというのはどうなのだろう…と考えてしまいます。

それに断熱性能を考えても、最近の窓は断熱性が高いとはいえ壁ほどではないので、窓は極力少なく、大きさは小さくした方が、断熱性を損なわないような気もします。

換気に関しては、全室換気システムがあるので、窓を開ける必要はないですし。

なので、おしゃれな装飾窓、流行りのFIX窓などを散りばめて採光をすれば、窓の役割としては十分なのかなって気もしちゃいます。

ようするに窓は外観を良くするためのアイテムとして使う方が良いのかも…って話です。

だから最近の家はおしゃれ窓で飾られているんですよね☆

でも、我が家はそうしませんでした。

おしゃれ窓も検討はしましたし、すまい生協の担当さんからも色々な種類はあるという提案もされてはいました。

が、やっぱり普通の引き違い窓にすることを選びました。

ピンと来ないんですよ。

おしゃれ窓(苦笑)

今までの人生で、おしゃれな家になど住んだこともないし、憧れたこともない。

「窓で家を飾る」という発想が、どうしても湧いてこないんです。

おしゃれとおぼしき家の写真を参考にしても、それが我が家に合っているのかもよくわからないし、結局考えてしまうことは「この窓開けたら風はどう抜けるかな?」とか、縦滑り窓などは「扱いが難しそうだな」とか、実用性についてばかり気になってしまいます。

正直、全室換気システムに関しても、良いものを付けてもらえるというのは理解しているのですが、実際に住んだことがないので、どの程度快適なのかも想像出来てはいません。

開かない窓で本当に大丈夫なの??って思ってしまいます(^^;

なので、やっぱり一番使い慣れている普通の引き違い窓がいい。

そういう結論に至りました。

せっかくの新築ですから、見た目も大事っていうのも重々承知はしているんですけどね。

私には難しいです。。。

まぁ、窓の位置などは構造に関わる所なので、今更言っても簡単に変えられるものではないんですけどね~(^^;

ちょっと窓について思うところがあったので、なんとなく書いてみました(笑)

ついでなので、今度は「1階の掃き出し窓」について書いてみようかなって思います。

お楽しみに☆彡

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGETOP
Copyright © こおり治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.