当院は現在建替え工事中です。

期間は今年いっぱいになります。

工事期間中の診療に関しましてはコチラをご覧ください。

工事全般をお願いしているのは「福島県中央住宅生活協同組合」通称「すまい生協」です。

例のごとく、今日も現場に動きナッシング。

うんうん。

こんなもんでしょう。

さて、間取り外装住宅設備内装と、だいたい決まってきました。

今日はその中の住宅設備と少し関わりのある「オール電化」について書いていこうと思います。

まぁ、オール電化に関しては、もはや説明する必要もないですよね(^^)

ガスや灯油などを使わず、お風呂もキッチンなど、熱を使うものはすべて電気で行う住宅です。

火を使わないので安全ですし、二酸化炭素も発生しないので大変エコロジーです☆

光熱費も節約できるとされています。

最近の新築はほとんどオール電化ですよね。

当然すまい生協の家もオール電化です。

でも、ガスが使いたい方にはガス仕様にすることも出来ますし、基本はオール電化だけどもしもの時のためにガス管だけ通しておくことも出来るそうです。

やはりガスが良いという人も多いですからね。

よく言われるのが停電。

オール電化で電気が使えないというのは致命的です。

震災の時も電気が使えなくて大変だったので、オール電化ではなくガスの方がいい!なんて声も実際聞きました。

でも、ガスで火を使っている際に地震に見舞われたら火災の原因になる可能性もあります。

停電で家電が使えなくても、工夫すれば他のもので代用出来たりもしますし、一面だけみてオール電化がダメっていうのは短絡的すぎると思いますけど(^^;

それと電気代問題などもネットでよく見かけます。

オール電化にすると電気代が節約出来てお得だと言う営業マンの口車に乗るな!的なアレ。

オール電化で中心的役割を果たすのがエコキュートです。

いわゆるでっかい電気給湯器。

一般住宅だと370Lっていうのが多いらしいですが、すまい生協の標準は460Lのヒートポンプ式です。

基本的に夜間お湯を沸かして保温し、昼から夕方にかけてそれを使う形になります。

なので、電気料金を夜間安くなるプランにしておくと、電気代がお得になるって話です。

でもそのプランだと逆に昼間の電気代は高くなります。

昼間仕事や学校で家族が誰も家にいなければ良いですが、昼間も電気を使うような家庭の場合は、むしろ電気代が高くなってしまう可能性があるというわけです。

たしかにそうかもしれないけれど…それは電気料金のプラン次第で解決出来そうな気もするんですけどね~。

そもそも電気代は高くなってもガス代がなくなるわけですから、トータルで考えればマイナスになることはないような気もしますし。

まぁ、いつも言うことですが価値観は人それぞれです。

他人がどう言おうが、自分が正しいと思うことを信じて実行するだけですよね(^^)

なので私はオール電化で大満足☆

それに、上記2つのデメリットであれば、我が家の場合、太陽光発電システムを導入しますので、特に問題視していません。

太陽光発電であれば停電時も電気が使えます(昼間だけね)。

そして、昼間電気代が高い料金プランても、その時間帯は自前の電力を使えば高い電気を買う必要もありませんし、余った分は売れます。

オール電化と太陽光発電システムのセットはかなりイケてますね☆

しかし、初期費用とメンテナンス費用は相当かかりますので、それを何年で相殺できるかはわかりませんが…。

まぁ、どっちもエコなのは間違いないので、地球のために貢献していると思えば損はないでしょう☆

ということで、オール電化の話もこれにて終了。

明日から8月ですね~。

基礎工事もそろそろ進展するはず。

そして順調に進めば、上棟まであと約1ヶ月です!!

楽しみですね☆彡