72回目の終戦記念日は涙雨となりました。

日本では一年で最も平和への祈りが強くなる今日この日、隣国では開戦の機運が高まっています。

ニュースで連日危機的な状況だと過激に報道されるので、平和慣れした日本人はいいように煽られてあたふたしているように感じます。

あのような国力のない小国が、世界一の軍事力を誇る大国に戦争をしかけたら、間違いなく潰されてしまいます。

それこそ、72年前の日本のように。

そのくらいのこと、あの国の方々だってきっとわかっていると思うのですけど。

核、ミサイル攻撃をほのめかし、有利な条件で交渉を進めたいという思惑で脅しをかけているだけで、本当に戦争をしたいなんて思っていないんじゃないでしょうか。

楽観的すぎますかね?

とにかく、他国の戦争に巻き込まれるのだけは勘弁願いたいです。

すべてが平和的に解決してくれることを、切に願います。