TPP関連法案が衆議院で可決されましたね。

きっと参議院でも可決されるでしょう。

とはいえ次期アメリカ大統領は反対を訴えているので、先行きがよくわかりません。

TPPというと、報道では農業の話ばかりしているので、あまり身近に感じられないかと思いますが、これは農業だけではなく、様々な分野で自由貿易を行えるようにする協定です。

実は、我々が携わる医療の分野にも関わってきます。

TPPによりアメリカの健康保険がどんどん入ってきます。

そして、現在日本では行われていない保険(国保)の効かない高度先進医療が行われるようになります。

それに伴い、現在は法律で禁止されいる保険と保険外医療を同時に行う混合診療が解禁されることになります。

そうなると、高い医療費、高い保険料を支払える高所得者以外まともな医療を受けられないという医療格差が生まれてしまう可能性が出てきます。

これは国民皆保険制度の根幹に関わる問題で、制度自体無くなってしまう危険性もあると危惧されています。

当院としては、混合診療が解禁になると今より保険が使いやすくなりますので、一部保険を適応した診療体系に移行していく可能性も視野に検討中だったりします。

もちろん、これから先どうなるかはわかりませんので、しっかり情勢を見極めて動いていこうと考えています。

世の中の変化に柔軟に対応していかないと、ただ取り残されるだけですからね。

ということで先行き不透明ですが、私たちは私たちの出来ることしか出来ないわけですし、とりあえず毎日を明るく楽しく過ごしていきましょう(^^)/