7月も半ばとなり、今日も30℃を超える真夏日。

梅雨はまだ明けていないようですが、かなり暑い日が続くようになってきました。

そこでようやくですが、治療院の暖房器具を片付けることにしました。

梅雨時期は昼間暑くても朝晩冷える日もあるので、なかなか片付けられずいましたが、この連日の暑さで、そろそろ大丈夫かと決心がつきました。

週間予報を見ると、明後日あたりはまだ最高気温24℃などと書いてあり、ちょっと微妙なのですが、もしもの際はエアコンの暖房をちょっと入れれば問題ないでしょう。

鍼灸は肌を露出して頂かないと治療が出来ませんので、どうしても治療中は薄着になって頂くことになります。

そのため、室温の調整が重要になるのです。

少しでも快適に治療を受けて頂きたいですから。

これからも室温調整に気を配りつつ、日々の臨床に勤しみたいと思います。