水無月の「無」は「の」という意味の連体助詞「な」であり「水の月」であるというのが水無月の由来だそうです。

水が無くなる月ではないのですね。

梅雨来るし、むしろ水いっぱいです。

さて、6月となりました。

早いもので、今年ももうじき半分すぎようとしています。

いいペースです。

今月も明るく楽しく過ごしていきましょう。